誰もが簡単に使える製品だからこそ知っておいて欲しい情報をご案内します。

話が小さい、周りの音をよく拾う…。

日々お問い合わせを受けている中で、結構多いのが、「マイクの音量が小さい」とか、「周りの音を拾いすぎる」ので何とかして欲しいという内容。
もちろん接続機器や使用コードやヘッドセットの組み合わせにより、先記の内容について、別オプション等で対応しなければならない場合もありますが、結構な確率でマイクポジションが最適でない場合がございます。

この講座の第1回記事にて、マイクポジションは、口元より1〜2cm程度のところにとご案内しておりますが、実は多くの皆様はなかなかできていないようです。
先日も弊社Facebook11内にて、ご紹介しております通りのポジションにしていただくように。

Jabra Forum

そのポイントは、マイクブームアームを「思いっきり(適度に)曲げる」ということ。

新品開封時は、マイクのブームアームは下記の通り、真っ直ぐです。

Jabra Forum

丁寧に使おうとか、大事に使おうかと思っていただいているのは非常にありがたいのですが、
ここは、「でも、でもでもでもでもそんなの関係ねぇ!」(古くてすみません)って勢いで、
マイクブームアームを曲げちゃってください。

Jabra Forum

実はこんなに曲がっても大丈夫なのです。
マイクブームをまげて適切なマイクのポジションにする。そうすれば、ヘッドセットのマイクの性能を最大限に発揮することができ、かなりの割合で送話に関することが解消されるのではないかと思われます。

もちろん、物事には程度というものがございますので、度を越えてはなさらないでください。
無理に曲げたり折ったりして、ヘッドセットが破損等して使用できなくなっても保証はしませんので。

幸いなことに、TVドラマや映画で、Jabra製品を使用しているシーンを多く見かけます。しかし、役者さんの顔がやはり大事なのでしょうが、残念なことにほとんどの場合、マイクブームアームが真っ直ぐになっていたりします。
そんなことにもめげずに、日々最適なヘッドセットの使用方法を皆様にご案内し続けてまいります。
今回は、とにかく「マイクブームは曲げて、マイクを口元に」を覚えてください。