よく、ヘッドセットをしていて頭が痛くなるという方がいらっしゃいます。
恐らく、ヘッドセットを耳に上あたりでしているのではないでしょうか?
その部分は、頭でも最も柔らかいところにて、長時間押さえつけられると、当然のごとく頭が痛くなるかと思われます。

そこで、正しいヘッドセットの装着方法は、頭のふち?一番出っ張っている部分?
触ってみると骨があり、一番固い部分です。
そこにヘッドセットを装着すれば、頭痛になる度合いが極端に減ります。
お試しください。

ヘッドセットの取扱いのお話

よくヘッドセットはすぐ壊れるという方が多いです。
壊れる部分は、マイクのブームアームが折れたり、ヘッドセットのT-Barというヘッドバンドで、頭を押さえる部材が抜けるとか、ヘッドバンドが曲がるとか…などなど。

よ~く、いままでのどのように扱っていたか振り返ってみてください。
片手で引きちぎるようにヘッドセットを頭からとったりしていませんか?
必要以上にマイクブームを回していたり、そこをもってぶらぶらさせたり。

ヘッドセットは消耗品というポジションかもそれませんが、丁寧に扱っていただければ結構長持ちするものです。中には7年以上使っているかたもいらっしゃいますよ!

マイクの付け方のお話

長いタイプのマイクや短いタイプのマイクありますが、どのタイプもとにかくマイクが口に向かうようにつけてください。

特にノイズキャンセルタイプのマイクは、口元にないとその機能が一切発揮できなくなります。理想は、口元、約2センチくらいのところにマイクがくるようにしてください。

ヘッドセット使用のワンポイントアドバイス

jabra forum

丁寧に扱ってください

着脱時は、本体部分とヘッドパッド部分を両手で持ってください。
マイク部分のみ持ってはずさないでください。

jabra forum

適正なマイクロホンの位置で使用してください

特にノイズキャンセリングマイクロホン使用時は気をつけてください。

ヘッドパッドは、頭の固い部分にあたるよう装着してください

皆さん耳の上あたりの柔らかい部分にヘッドセットを付ける傾向があり、頭が痛いといいますが、実は、頭がい骨の左右上の部分に充てると安定して、頭痛も起こしにくくなります。