開局以来、生放送を取り入れ通信販売業に新しいジャンルを切り開いてきているジュピターショップチャンネル。商品を注文する時、商品が手元に届いたとき、使用するとき、それぞれの瞬間にお客様の期待を超える喜びと感動を届けることを目指している。その感動の提供をサポートしているJabra製品。同社で Jabraが選ばれた理由を取材することができた。

Jabra JP Fourm Jabra JP Fourm

過酷な現場で選ばれるJabra製品のフィット感

ジュピターショップチャンネル株式会社コールセンターは、2013年末ごろ、今まで使用していた電話機の保証が切れるタイミングにて、全てのヘッドセットを更新することを決定し、ヘッドセットの選考を慎重にした後に、Jabra BIZ 2300を導入することを決定した。

「以前使用していた他社製品は、耳に当てた時のフィット感に乏しく、長時間使用しているときに疲れてくることが多々ありました。」と現場での経験をオペレーション本部カスタマーサービス部CSオペレーション1グループ倉田氏が語る。

ジュピターショップチャンネルとして、一番初めにお客様との直接的な接点となるコールセンターにて働く皆様に、少しでもストレスを低減できれば、その分お客様への対応も向上できると信じている Jabra 製品の美しいデザインは、北欧のデザイン性に加え人間工学に基づいて設計されている。ヒトの頭蓋骨構造といった身体からの研究や、綿密な軽量化によって、長時間の使用でもできるだけ負担を軽減するように改良が重ねられてきたのだ。「耐久性が高いのも魅力ですね。 現在までに破損したという報告はありません。」オペレーション本部カスタマーサービス部VOC管理グループ長 内田氏。日々、膨大な量のお客様の声に対応する過酷な現場では、製品の耐久性も求められる。それは、投資回収というメリットもカバーする、非常に重要な要素でもあるのだ。

本当に、驚くくらい何も不満がないんですよね“

「導入して1年半が経過しますが、現場から全く不満の声が出ていませんね。」と内田氏は語る。

それに加え、オペレーション本部カスタマーサービス部CSオペレーション1グループ長益田氏が「コールセンターで一番怖いことは、お客様とコミュニケーションがとれないことです。だから、ヘッドセットに求める要素として聞きとりやすさは最も重要ですね。Jabra BIZ 2300はその点、音質的な問題は一切なく優秀です。」とJabra BIZ 2300の導入での評価を語ってくれた。

Jabra BIZ 2300に搭載されたウルトラノイズキャンセルは、通話相手に周囲の雑音を限りなく聞こえなくし、通話の音声をクリアに保つよう設計されている。まさにコールセンターは、Jabra製品が蓄積してきた緻密なノイズキャンセリング技術が遺憾なく発揮される現場と言えよう。「マイクも優秀なんでしょうね。お客様から聞き取りづらいといった声は聞かれなくなりました。」と、倉田氏も続く。 Jabra製品が、ヘッドセットに求められる「話す」「聞く」という、基本的な能力を高いレベルで保持していることがうかがえる。「ショップチャンネルのお客様は、本当に様々な環境から電話をかけていらっしゃいます。周りのノイズに惑わされず、お客様が伝えたいことをしっかりと受け取れるのは本当に信頼感がありますね。」益田氏がまとめてくれた。

現場の声で進化し続けるJabra製品

現場の声にしっかりと答えて製品を改良してきたことも、Jabra製品の大きな特徴のひとつだ。「コールセンター業務では、ヘッドセットを長時間使用しなければいけません。360°マイクブームアームが回転するので、時々右耳・左耳とポジションを変えながら使用できるので、本当にありがたいです。」と益田氏。その理由を倉田氏はこう説明してくれた。「片方の耳だけで音声を聞いていると、バランスが悪くてとても疲れるんです。そんなときにスピーカー部分を左右で替えることができれば負担がとても軽減されるんです��。」 Jabra 製品は常に現場で鍛えられてきた。 その底力はこんな細かなところにまで及んでいる。ビジネスの現場で選ばれること、そして選ばれ続けることによって、よりユーザーに寄り添いながら進歩すること。ビジネス向け製品で最も必要とされる経験が Jabra 製品には、宿っているといえるだろう。「本当に驚くくらい何も不満が無いんですよね。このような製品を知っているか知らないかでは、企業の力としても大きな差になってくる気がしますね。」内田氏の満足そうな笑顔が、Jabraの魅力を何よりも語ってくれていた。

日々、膨大な数のお客様とのやり取りをする ジュピターショップチャンネル株式会社のコールセンター。その現場担当者の方が口をそろえて「まったく不満がない」と語る Jabra BIZ2300。

しかしこの現場もまた、Jabra製品を育ててくれる場所に違いないだろうう。ビジネスで戦う人々の声が蓄積されたJabra製品、選ばれ続ける理由はそこにある気がした。

Jabra JP Fourm Jabra JP Fourm
左より、益田由美子氏、倉田侑香氏、内田渉氏

お客様ご紹介


Customer: ジュピターショップチャンネル株式会社

Web Site : http://www.shopch.jp

Country : 日本


プロフィール:

1996年の設立以来、生放送を取り入れたショッピングエンターテインメントという新しいジャンルを切り開き、ケーブルテレビ放送や衛星放送、インターネットにカタログなどの幅広し媒体にて、通信販売事業を展開している。現在では、24時間 365日生放送のテレビショッピング専門チャンネルとして、個行内の半数を超える家庭で視聴可能。お客様の期待を超える喜びと感動を届けることを目指し、「心おどる、瞬間を。」という言葉に思いを込め、日々お客様と向き合っている。

使用商品