Jabra GN9300 9350E at an angleハンズフリー機器のマーケットリーダーとして Jabra は将来も使用できるハンズフリーオーディオソリューションの革新と開発を継続することに尽力し、これからもお客様のニーズに応えてまいります。

Jabra の長期戦略は、将来のために設計されている厳選され、柔軟性があり、費用効果の高いプラットフォームで構成された製品群を確実にお届けします。この戦略の一環として、改良された機能を持つより新しい製品が発売され、機能がお客様に利用可能になった時点で、旧式の製品は販売を中止します。

製品または製品シリーズに販売中止が決定されると、Jabra は実際の製造終了(EOM) 日の最低 3 ~ 6 ヶ月前に EOM を告知して(告知のタイミングは現地での決まりに従います)、お客様の製品計画戦略を調整するための期間を設けます。 告知された EOM 製品または製品シリーズの入手可能性と販売は、在庫がある限り継続します。

最後のユニットが販売されると製品メンテナンス期間が始まり、この期間は製品の保証期間が終了するまで継続されます。製品の保証期間の終了後、製品は終息(EOL)に達します。

Jabra では、移行と主要な日時に関する情報と対話の機会を適時に提供することで、できる限り移行が簡潔に容易になるようにします。販売終了方針の作成は、お客様が Jabra の新しい、将来の保証されたオーディオソリューションに移行するためのものです。

 

用語の定義

EOM(End of Manufacturing:製造終了): 製造終了日に達すると、Jabra は特定の製品シリーズまたは機種の製造を停止します。 入手可能性と販売は、在庫がある限り継続します。
製品メンテナンス期間: Jabra は販売期間と同じカスタマーサポートを EOS 日以降も継続して提供します。製品メンテナンス期間は EOS 日から始まり、保証期間が終了するまで継続されます。アクセサリーは期間中いつでも購入できます。
EOL (End of Life:サポート終了): EOL 日は製品メンテナンス期間の終了後に発生します。EOL 日後、製品は廃止され、拡張、修理、メンテナンス、サポートは行われません。