背景

Jabra North America は、電気および電子廃棄物の処分に関して厳格な環境方針を順守しているグローバル企業の一翼を担っています。 欧州共同体(EC)では、電気および電子廃棄物は長年の大きな問題です。 現在、EC では WEEE(廃電気電子機器指令: Waste of Electrical and Electronic Equipment)に関する法律を提唱しています。 要件は指令番号 2002/96/EC に概要が説明され、各参加国(および関係国)にはこの法律を自国の法律に組み込むことが要求されています。

電池内の危険物質の内容を規制し、電池廃棄物の取り扱いに関する生産者責任を導入している電池指令 2006/66/EC は電池に関する指令です。

目的

EC の環境方針での目的は、環境の質を維持、保護、改善し、人々の健康を保護し、天然資源を慎重に理性的に利用することです。 Jabra の製品に関するこの方針の重要な局面は、分別収集です。 分別収集によって WEEE への準拠は確実になり、電池には必要な特別な処理とリサイクルが行われます。また人体への健康と共同体の環境に望ましい保護レベルも得られます。

WEEE および電池指令への準拠

革新的で高品質な製品の責任あるサプライヤーとして Jabra は WEEE と電池指令の要件に適合するために必要な対策を講じています。 Jabra(GN Audio を通じて)およびその代理店は、現地国の法律と規制に従い、EU および関係各国での WEEE および電池生産者として登録され、共同廃棄物処理組織の一員となっています。

Jabra と WEEE

すべての Jabra 製品は EEE(電気電子機器:Electrical and Electronic Equipment)とみなされ、WEEE として処理されます。

WEEE 製品の製造 - 目印

Jabra の製品/パッケージには、製品が他の廃棄物やスクラップとは別に収集され、リサイクルされることを示すマークが印刷されています。 WEEE のマークの例を次に示します。

2005 年 8 月 13 日以来、パッケージの箱と Jabra 製品に付属する保証カードにはこのマークを使用しています。 製品のタイプとサイズによっては、このマークが製品にも示されている場合があります。

WEEE の処理方法

使用済みの Jabra 製品は、必ず居住国の WEEE 収集システムで製品がリサイクルされるようにしてください。 これに従うことにより、製品は正しく処置および処理され、有害な物質が環境に排出されることを回避できます。

バッテリー

Jabra 製品にはバッテリーを使用しているものがあります。 製品に使用されているバッテリーのタイプの一部を次に示します。
- 交換可能なバッテリー付きの Jabra デスクトップアンプおよび Bluetooth ヘッドセット: アルカリ電池(充電不可能)
- その他のワイヤレス製品: リチウムイオンポリマーバッテリー(充電可能)

目印

分別収集が必要な Jabra のバッテリーには、他の廃棄物やスクラップとは別に収集され、リサイクルされる必要があるバッテリーであることを示す特別なマークが印字されています。 このマークの例を次に示します。

battery recycled

このマークは 2008 年 9 月 26 日以降に EU に輸入されている分別収集が必要な交換可能なバッテリーとバッテリーパックに示されています。

バッテリーの処理方法

使用済みの交換可能なバッテリー/バッテリーパックは、必ず居住国のバッテリー収集システムでバッテリーがリサイクルされるようにしてください。

製品に交換不可能なバッテリーが使用されている場合、バッテリーは製品内に入れたままで WEEE として処理してください。
Jabra Elite Sport を当てよう!