この用語集には、一般的な Jabra® の用語および業界用語の説明が記載されています。 下のアルファベット順の索引を使うか、またはリストをスクロールするだけで、検索できます。

Bluetooth

ワイヤレスコミュニケーションで世界的に認められている標準。 ヘッドセット、ノートブック、PC、携帯電話、PDA、プリンターなどの間で行われるワイヤレスでのデータおよび音声の転送。赤外線と違い、Bluetooth は視覚的な接続を必要としません。

dB

デシベル。音量の測定単位。 1 デシベルはベルの 10 分の 1。電話の発明者であるアレクサンダー・グレアム・ベルの名前に由来します。 1 DB は人間の耳で感知できる 2 つの音量レベルの差です。

DECT

デジタル強化コードレス電話(Digital Enhanced Cordless Telephony)。 無線電話用のデジタル、盗聴防止の転送技術。

DECT CAT-iq

CAT と呼ばれる新しい基準は「コードレス先進技術 - インターネットおよび品質(Cordless Advanced Technology - internet and quality)」の頭字語です。 インターネットサービスは音声転送に結び付けられることがあり、その場合は通常 WLAN を必要とします。 CAT -iq は DECT に基づいており、現在確立されている DECT 基準との前方互換性があります。

DHSG

ワイヤレスコミュニケーション(受信/通話)セット。 標準化された EHS インターフェ-ス。

USB アダプタ

コンピューターと接続可能な小さなハードウェアです。通常 USB スティックのようにポータブルになっています。 当初、USB アダプタは主にソフトウェアのインストールの認証に使用していました。 今日、USB アダプタの用語は、ほとんどワイヤレスワイドバンドアダプタに使用します。 Jabra® 製品で使用される場合、USB アダプタは、USB Bluetooth アダプタの別称です。

DSP

デジタルシグナルプロセッサ(デジタル信号処理)。 デジタルに音声または音楽を最適化するチップ。 ヘッドセットは、通常音声送信を最適化するのに使用します。 たとえば、エコーを抑制し、人工的な側音を追加します(自分の声は聞こえ、サウンドは自然です)。

デュオ

両耳に音声出力がある両耳用のヘッドセット。

EHS

デスクホンとヘッドセット間の電子フックスイッチインターフェース。少なくとも、ダイヤルトーン転送、ワイヤレスヘッドセットからの通話の応答と終了を実現します。

ファームウェア

Jabra のヘッドセットまたはベースステーションなど、デバイスハードウェアに組み込まれた基本ソフトウェア。

無指向性マイク(Omni)

個人オフィスまたは自宅オフィスなどの静かなオフィス環境向けの標準マイク。

GAP

一般アクセスプロファイル(DECT -GAP) はワイヤレス電話の転送プロトコールで、多様な製造業者の DECT デバイス間の通信を可能にします。 多様な製造業者のワイヤレス電話が、1 つの DECT ベースステーションで、隣同士で使用することができます。同じ転送プロトコルを使用するため、多様な製造業者のデバイス同士の通信を可能にします。

IntelliTone™

IntelliTone™ は平均サウンドレベルを 85dB にまで抑制します。

IntelliPower

Jabra IntelliPower は、不必要な電力消費をなくします。 使用していない時は、ディスプレイの照明が自動的に暗くなり、ヘッドセットスイッチは待機モードになります。 切り替え電源供給ユニットを用いることで、消費電力を少なくしながら、フルパフォーマンスを実現します。

IP

「インターネットプロトコル(IP)」はネットワークプロトコルです。コンピューターネットワークに一般的に使用され、インターネットのベースを提供します。

片耳のヘッドセット。モノラルとも呼ばれます。

多機能ボタン

ヘッドセットのボタン 1 つで、リモートコントロールで簡単に通話の応答および終了ができます。 電話器にもよりますが、音声選択、通話拒否、リダイヤル、2 つのアクティブな通話間の切り替えが制御できます。 ワークステーションから離れていても、片手で無理なく基本機能を操作できます。

マルチポイント

MultiPoint™ 技術により、複数の Bluetooth® 対応デバイスが同時に接続できます。

MSH

Microphone Short Hook - インターフェース。EHS-インターフェース。

マルチユース

Multiuse™ は、Jabra 製品群内の特定の製品シリーズです。 Multiuse ヘッドセットは複数(最高3つ)の電話デバイスとの同時接続が可能です。

ナローバンド

ナローバンドとは、300~3400Hz の狭い周波数帯域のサウンドのことです。

ノイズキャンセリング

コールセンターやオープンスペースオフィスのように騒がしいオフィス環境のノイズを低減するマイク。

Noise Blackout™

周囲の雑音の干渉をブロックするデュアルマイク。デジタル信号処理(DSP)のおかげで、短いマイクデザインでも機能します。移動中の使用に理想的。

ノイズフィルタリング

オープンスペースオフィス向けのノイズフィルタリングマイク。

QD(クイックディスコネクト)

クイックディスコネクト付きプラグにより、ケーブルの切り替えが簡単にできます。これにより、ヘッドセットの簡単な取り付けと取り外しができます。

リモート通話コントロール(RCC)

コード付きヘッドセットまたはワイヤレスヘッドセットと PC 間のリモート通話コントロール(RCC)インターフェース。呼び出し音転送、通話の応答と終了、ミュート、音量制御、また自動ステータス調整、ヘッドセットおよび PC/ノートブック間の相互制御を最大限に利用できるようにします。

リモートハンドセットリフター(RHL)

リモートヘッドセットリフター。すべてのワイヤレスヘッドセット向けの標準化されたインターフェース。 機械的な「受話器昇降機」である Jabra GN1000 は AUX ポートに接続できます。

SafeTone

SafeTone は IntelliTone™ と PeakStop™ 技術の並列統合を意味します。

ソフトホン

インターネット電話用ソフトウェアプログラム。特別なハードウェアを使用する代わりにコンピューターを使用します。 ソフトホンのユーザーインターフェースおよび動作は、ユーザーが番号をダイヤルする際に使用するディスプレイやボタンのある電話の画像など、一般的な電話を基にしていることがよくあります。 通常、ソフトホンはコンピューターのサウンドカードまたは USB 接続を介して接続されるヘッドセットとともに使用されます。

TCO

TCO(Tjänstemännens Central organization)は、従業員の健康を守る特別な人間工学的なオフィス製品への認証です。 TCOの 品質シールは IT 業界において世界的に認知されている標準です。この品質シールは、ここしばらくの間にヘッドセットにも授与されるようになりました(TCO)。

電話会議機能

会議機能により、最大 4 つのヘッドセット(ヘッドセットモデルによる)を、1 つのベース(親機)から登録し、会話に参加させることがでます。

タッチパネル

ヘッドセットにあるセンサー部分。たとえば、音量調節をするのに、指をすべらすことで操作できます。

タッチスクリーン

タッチスクリーン、またはセンサースクリーンは、コンピューターの入力デバイスです。スクリーンの一部をタッチすることで直接、テクニカルデバイスのプログラムフローを制御できます。 入力の技術的な変換はユーザーには目にすることができませんが、「指先」でコンピュータが即座に制御できるような印象を与えます。

ペアリング

ペアリングは、双方向のコミュニケーションのために 2 つの Bluetooth 対応デバイス間の暗号化された固有の接続を確立します。 Bluetooth デバイスはペアリングしてからでないと通信できません。

PC-Suite

Jabra デバイスの設定を可能にするコンピュータ プログラム一式。ヘッドセットのボタンを使って、ファームウェアのアップデートと サポートされているソフトホンの制御が行えます。 Jabra PC Suite には 市場で入手できる様々なソフトホンプログラムのドライバーも 含まれています。www .jabra.com/pcsuite をご参照ください。

PeakStop™

118 dB より高いサウンド/音を抑える技術 (例: 口笛/ファックス音)。

電話

様々な転送形態を使用することができる デスクホン。アナログ、ISDN、IP 電話の区別があります。 これに対応するのが ソフトホン(以下を参照)です。ソフトホンはバーチャルなソフトウェアとして存在するだけで、 実際のデスクホンを模倣したものです。

PSTN

公衆交換電話網 (固定通信網ともいう)は、 すべての公衆回線が接続されている電話網全体 のことです。

UC

ユニファイド・コミュニケーション(UC)。 多様な通信媒体を組み合わせたものを、1 つの共通のユーザーインターフェースにしたもの。

ウルトラノイズキャンセリング

コールセンターやオープンスペースオフィスのように非常に騒がしいオフィス環境の雑音を大幅に低減するマイク。

USB

ユニバーサルシリアルバス。国際標準化インターフェース。コネクタが常に同一のものであるという利点があります。 中度から高度のデータ転送レートによるコンピュータ周辺機器(PC、マウス、キーボード、プリンター、ヘッドセットなど)の接続に最適です。

USB Bluetooth アダプター

ドングルと呼ばれることもあり��す。 コンピュータは、他の Bluetooth 対応デバイスと通信するのに Bluetooth アダプターを必要とします。 一部のデスクトップコンピュータおよび最新のノートブックには内蔵 Bluetooth アダプターが備わっています。 しかし、コンピュータの中には外付けの Bluetooth アダプターを必要とするものもあります。 Bluetooth は、いくつかのデバイスが 1 つのアダプターを通じて 1 台のコンピュータと通信できるようにします。

VoiP

ボイスオーバー IP(インターネットプロトコル)。 音声は通常の電話回線(アナログまたはISDN、回線指向の送信)ではなく、パッケージ指向で送信されます。 送信はイーサネット/インターネットなど(LANまたはWLAN)を通じて実施されます。

ワイドバンド

ブロードバンドオーディオ)電話工学に使用されるオーディオ技術。 ワイドバンドは電話接続を通じて転送されるオーディオシグナルの周波数帯域を拡大します(150~6800 Hz)。 これにより高品質の音声送信が実現します。 人間の声の周波数帯域は 80Hz~14,000 Hz です。 通常のナローバンド技術では、オーディオの周波数帯域は 300~3400 Hzに限られます。